【2020年3月23日の数秘】区別と差別化を使い分ける

みなさん、おはようございます。

今日は3番の日。
区別と差別の数字です。

区別は、違いを認めて分けること。
差別は、差をもって分けること。
(差別化する、とか言いますね)

いずれも個性化につながりますが
「差をつけることで個性化する」差別化する方は
ある意味平均値を超える必要があるので
少しハードルが高いです。

区別も差別も他者との比較が欠かせませんが
比較するとどうしても「優劣」で考えてしまいやすい。

比較すると落ち込んでしまう場合は
まずは、違いを認める「区別」から
はじめましょう。

「差を見る」のではなく
「違いを見る」という意識でいると、
優劣ではない方法での「個性」が
見つけやすくなります。

────────
今日の雑感
────────

昨日はZoomを使っての数秘術講座でした!
そして、今日もZoomで講座です。

最近、講座でも打ち合わせでも勉強でも
とにかくZoomを使いまくっています。
オンラインで対面できるって本当に便利ですね。

そして、今日のテーマは区別と差別と個性化。
(ここで言う差別は、差をつけて区分するという意味で使っています)

数秘術はまさに、
それぞれの違いと個性を
明確にできる知識です。

自分の独自性を紐解いて、
その性質を意識化すると個性になる。

人は、少なくて5個、多くて9個ほどの数字を
基本として持っています。
(見方によってもっと増える)

メインはバースナンバーですが、
誕生日と名前の両方から見ると、
数字の組み合わせでより独自の個性が分かります。

その稀少な独自性を
講座を通じてともに発見していくのが楽しいです。

今日は、違いの発見から
自分の個性をどんどん把握できる一日になりますように!

*───────────────*

メルマガや本のご感想等、大歓迎です。

★数秘がわかる本「おしごと数秘術」
~性格も才能もやりがいも、誕生日の数字に秘密がある
https://amzn.to/2pAapcj

お友達にメルマガを紹介したい!という方、ありがとうございます。
ご登録URLはこちらです。
https://wp.me/P8tlZl-86

メルマガのバックナンバーはこちら
https://riri-numerology.com/category/numerology-daily/

リリ(理人)数秘術ホームページ
https://riri-numerology.com/

\ゆるく楽しく、志は高く/
小池安雲(こいけあぐも)の講座・コンサルテーション
https://space-bliss.com/

☟メルマガ解除・メールアドレス変更はこちらです
https://learning.riri-numerology.com/member/mailstop.php