【2020年3月13日の数秘】「理解」の合いの手を入れる

みなさん、おはようございます。

今日は2番の日。
相槌の数字です。

「でもさ〜」

「そうなんだね」。

誰かに話をしたときに、
どちらの返事が嬉しいですか?

どんな意見であれ、いったん
“自分の話を聞いてくれた“
とわかると嬉しいもの。

「でも」「しかし」と言いたい時も
「そうなんだね(、〜でも)」と
まずは”あなたの話を理解しました”
という合図をしてみると
会話がやわらかくなっていきます。
(同意と理解は似ているようで異なる)

今日は、相槌や合いの手が
良い流れをもたらしそうです。

────────
今日の雑感
────────

相槌って、鍛治でハンマーを振るうのが語源なんですね。
(調べてみた)

相槌の槌って、ハンマーのことか!と
今になって気づきました。

そう思うと2番は
お餅つきのように見えます。

杵を振るう人と、
餅をひっくり返す人と
コンビネーション。

相槌は、テンポの良さも重要ですね。

今日は、相槌のテンポの良さで
会話が弾む1日になりますように!

*───────────────*

メルマガや本のご感想等、大歓迎です。

★数秘がわかる本「おしごと数秘術」
~性格も才能もやりがいも、誕生日の数字に秘密がある
https://amzn.to/2pAapcj

お友達にメルマガを紹介したい!という方、ありがとうございます。
ご登録URLはこちらです。
https://wp.me/P8tlZl-86

メルマガのバックナンバーはこちら
https://riri-numerology.com/category/numerology-daily/

リリ(理人)数秘術ホームページ
https://riri-numerology.com/

\ゆるく楽しく、志は高く/
小池安雲(こいけあぐも)の講座・コンサルテーション
https://space-bliss.com/

☟メルマガ解除・メールアドレス変更はこちらです
https://learning.riri-numerology.com/member/mailstop.php