【2018年9月】個人イヤーナンバーごとの、9月のメッセージ(計算付き)

数秘サイクルには、全体の流れと個人の流れがあります。

☟ 9月、全体の流れはこちら。
【2018年9月】全体の数秘サイクル

\マンスナンバーの計算方法はこちら/

サイクルを具体的に読み解いていくには、さらに個人のサイクルで見ていくと良いです。
各個人のイヤーナンバーから、9月のマンスナンバーを計算してみてください。

まずは、自分のイヤーナンバーを計算してみよう

1)2018年・(誕生)月・(誕生)日を書き出して、ひとつずつ足していきましょう。
※必ず西暦で計算します。

2)最終的に一けたにします。

例)2018年10月10日生まれの場合
2+0+1+8+1+0+1+0=13
1+3=4

この場合、個人のイヤーナンバーは「4」になります。

次に、自分のマンスナンバーを計算してみよう

1)自分のイヤーナンバーに、8を足します。

例)イヤーナンバーが4番の場合
4+8=12
1+2=3

この場合、8月のマンスナンバーは「3」になります。

マンスナンバー「1」の人

がっつり「1」の月がやってきます。
とはいえ、ビッグウエーブが来る人もいれば、そうでない人も。
どちらにも言えるのは「ひとつひとつ現実的に手応えのあることをやっていく」ということ。
手法は人それぞれですが、手応えがある、ということを基準して地道に行動したり、大胆な挑戦をしたりということがありそう。
ここでの手応えが、よくよく大きく影響してくる場合もあるので、気になることはやっておくと次につながりそうです。
(つながらない場合も、「これはもういいや」という決断ができるので前進します)

マンスナンバー2番の方

じっくり「2」の月がやってきます。
来たか―、という感じというか、自分自身について納得感が得られやすいかもしれません。
向上心(今の自分にはないけれど、これから得たいもの)と、素の自分(あるがまま)の共存というか、
いまを認めたうえでのプラスアルファ、という流れで物事をとらえていくと良さそう。
現状の認識をせずに次に飛んでしまうと、納得感が置き去りになります。
自分を振り返りつつ外の世界とつながっていく、というやり方が広く深くの融合につながりそうです。

マンスナンバー3番の方

ぴかぴか「3」の月がやってきます。
あれこれ企画したり、計画を立てたりするのが楽しい月になりそう。
また、これまで勉強してきたことから新たな発見があったり、より深い気づきにつながるかもしれません。
知識が知恵になるというか、役立つものに変化してくるかも。
もし、思考ばかり繰り返していた人は、もう行動に移してみて。
やってみることで、また新たな課題が見つかるし、それをどう解決しようかと考えたときに新たな御縁が生まれます。

マンスナンバー4番の方

じんわり「4」の月がやってきます。
同じ場所に立っているようでいて景色が変わったり、景色は変わらないのに地面が変っていたり。
立ち位置や環境を変えるのは自分かも知れないし、大いなる流れかもしれない。
いずれにせよ、自分がどこにいて、どこに向かうのかを問いかけるタイミング。
それによって移動するかもしれませんし、逆に今の場所を安定させる人もいるでしょう。
過去にこだわらないことで、新鮮な場所を手に入れることができます。

マンスナンバー5番の方

ふわっと「5」がやってきます。
5は非常に掴みづらいのですが、まるで落ち込んでいるかのように深く心に入り込むか、
それを人と共有してネットワークを広げる(コミュニケーション)かになりそう。
「こんなことを考えるのは自分だけだ」と思っていたのに、打ち明けて見たら根本のところはつながっていた、ということが起こりそう。
個人のテーマが、実は全体のテーマと深く関わっていたという気づき。
その法則を知ることで、最小の実行で最大の効果を得ることもできそう。

マンスナンバー6番の方

ずん、と「6」がやってきます。
6番は、自分と深く向き合うことで底を突き破り表に出てきた…というような数字です。
深い探究と思考が突き抜けると、一気に物事が開けてきそう。
では何が突き抜けるきっかけになるのかというと、「とことんやりきること」です。
やり切る手前で止めてしまうと、単に地面にぼこぼこ穴が開いているだけの状態に。
やり切ることで貫通し、すべての風通しが良くなります。

マンスナンバー7番の方

かつん、と「7」がやってきます。
やや6番と似ているのですが、探求によって階段を上がるタイミング。
何かを極めたり、認めたりと、「これでいくぞ」という決意を持った瞬間におそらく次の段階に移動します。
移動したからといって100%上手くいくとは限らないのですが、レベルの上がった挑戦ができることは確か。
逆に、それを避けてこれまで通りでいようとすると、周囲とのずれを感じるかもしれません。
いったん進んだらその環境に慣れるので、進化には乗り気でいましょう。

マンスナンバー8番の方

ぐんぐん「8」がやってきます。
これまでの流れが加速するタイミング。忙しかった人はくるくると、ゆったりしていた人はゆるゆると。
それはどちらも正解で、自分なりのリズムを安定させたり、リズムをそのままに広げたりしていく時期です。
もし、そのリズムや目的に共感してくれる人がいたら、どんどん想いを共有していきましょう。
仲間が増えることでよりパワーも強くなりますし、助けられることも多くなります。
ひとつひとつに労力をかけていた人は、その労力のコストを見直してみると、いい発見ができそうです。

マンスナンバー9番の方

さらさらと「9」がやってきます。
9は切り替えの数字です。とはいえ、無理に自分で切り替えようとしなくても大丈夫。
必要なタイミングで必要な変化が訪れます。
ただ、待っているだけというよりは、自分らしく行動したり発信していくことで流れを呼び込むので、
自分がどんな軸を持っているのか(軸がなければ感覚でもOK)、はっきりさせておくと良いかも。
その、はっきりさせていくという意味で、掃除や片づけなども有効です。

 


以上、9月の数秘サイクルテーマについて、マンスナンバー別にお届けしました!

もっと詳しく知りたい場合

上記はあくまでも数字ごとのくくり&数ある数秘の意味からのピックアップなので、
もっと具体的な、深い読み解きも可能です。

自分のことや数秘の流れについて、さらに具体的に知りたい方

リリ数秘術講座は、数秘を自分で読み解いて使いこなせるようにお伝えしています。
認定ティーチャーや、小池安雲までお問い合わせください。
また、オンラインでのご受講も可能です。

数秘について興味がある方

Facebookメルマガにて「今日の数字さん」配信中です!
数秘の見方についてかなり具体的に書いてあるので、
知識やボキャブラリーを増やしたり、日常に数字のエネルギーを感じるにはとても良いかと思います。

☟完全無料で毎日読める!数秘のメッセージ
メルマガ登録はこちら

☟Facebookページではバックナンバーもご覧いただけます。
リリメソッドFacebookページ(いいね!をいただくと励みになります!!)