何番が良いとか悪いとかある?

どの数字が悪いとか、良いということはありません。

むしろ、どの数字にも良いところと悪いところがあります。

そして、その良し悪しをコントロールするのは、ほかでもないあなた自身です。

「あなたはこんな才能があるのよ!」と言われたのに全然そうは思えない…

数秘術はよく「当たる!」なんて言われますが、
「えっ、全然違うんだけど!」と思うときもありませんか?

そんなときも、実は、数秘は合っているのです。

どういうことか?

数秘は単なる「性質」なので、その出方(表現の仕方)によって、良くも悪くもなるのです。

数秘術を「バランスで捉える」という考え方は必ずマスターしましょう!