2018年1月の数秘

本年も、あけましておめでとうございます!!

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

……と、では早速ですが「今月の数秘」についてお話ししたいと思います。

数秘術でわかるサイクルは、個人のものと世の中全体のものの2種類があります。
この記事に記載しているのは、世の中全体のサイクルについてです。

12月のおさらい

2017年12月の数秘サイクルは4番でした!

☞ 数秘4番の意味

いろんな視点を客観的に判断して、
何が正しいのか
ちゃんとしようってどういうことなのか
など、常識に一度疑問を投げかけてみて、
そこからまた自分の考えを確認するような月だったのかなと思います。

テレビのニュースでも「どっちの言い分が正しいのか」みたいな報道であふれていましたが、
あれはとても4番的(もしくは8番的)だなと感じます。

4番の学びは、論じたところで答えがでないかもしれない、ということです。
何故なら、人それぞれ「正義」の定義が違うからです。

だからこそ「どこで折り合いをつけるか」という落としどころが大事になります。

それが、2017年の12月でした。

 

2018年1月のマンスナンバーは「3」

ちなみに、今年全体の流れを書いた記事はこちら

各自のイヤーナンバーについては、オンライン会員サイトに記載いたしましたので是非ご覧ください。
(ログインすれば無料で読めます。もっと詳しい内容が知りたい方はフルバージョンの有料版もあります)

→ ログインはこちら

改めまして、2018年1月の数秘は「3」です。

2017年の流れを引き継いで「何がどうなってるの?」という空気があります。

3番はとても明晰性のある数字なので、明らかにしたいのです。

ひとつのことがわかったらその先も知りたくなって、
どんどん調べて、さらに色々なことがわかって、
そうなるともっと細かいところが気になって…という流れになります。

これは、良い方向にも悪い方向にも使えます。

悪い方向だと、あらさがしをするような行動になりますが、
良い方向だと非常に勉強が進んだり、向上心が高まります。

「こうやったらもっと良くなった!」というような、
Happyな連鎖を目指しましょう。

2017年1月のもう一つのメリットは「観察眼が鋭くなる」です。

もしくは、相手や状況をよく見ることで気づくことがある、というイメージ。
表も裏も見ることで「なるほど!」と納得できることがありそうです。

さらに、状況を調べることで、自分が意外と「できている」面を知ることができそうです。
当たり前だと思っていたことが、実は得意分野かも知れないと気づくことがあるかもしれません。

他者に対しての観察眼はもちろん、
その目を自分にも向けていきましょう。

自分を卑下するのではなく、あくまでも冷静な視点が必要です。

そうすることで「実はいいかも!」みたいなことがわかります。

では、今月も良い月になりますように……!!